依存度を導入した確率分布による2肢選択問題の回答パターンの解析

赤堀 侃司  清水 康敬  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J72-A   No.7   pp.1131-1138
発行日: 1989/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 教育工学,人間工学,医用生体工学
キーワード: 


本文: PDF(592.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,回答が2肢のみからなる2肢選択問題に対して,回答選択に伴う確信度を反映する回答形式における回答分布を説明する確率分布を提案した.この確率分布は,回答者が回答選択するまでの過程をある仮定の基で表現したものであり,その特徴は,思考過程における各思考が各々独立でなく,その思考が生起する以前の思考に依存するという考えを導入した点にある.その依存する程度を表すパラメータによって,独立の場合である2項分布を含む種々の分布の形状を導く事ができる.この確率分布を用いて,回答選択に伴う確信度を定量的に評価する事ができ,実測値と比較して,その有効性について論じた.