帯域フィルタ対バンクによる音声ピッチ抽出

船田 哲男  鈴木 達也  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J72-A   No.3   pp.466-474
発行日: 1989/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 音声
キーワード: 


本文: PDF(702.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
逐次処理を基本とし,かつ調波構造に着目したピッチ抽出アルゴリズムとして,帯域フィルタ対バンクを用いる新しい方法を提案した.その基本的考えは,対象とする周波数帯域の何点かの周波数点でパワースペクトルの周波数に関する傾斜を基にした特徴ベクトルを求め,あらかじめ作成しておいた参照ベクトルとのパターンマッチングでピッチ抽出する方法である.スペクトルの傾斜に基づく特徴を用いる点が本方法の特色であり,音韻の違いによるスペクトル包絡の違いがあっても,同一ピッチの音声であればスペクトルの傾斜を基にした特徴ベクトルの変動は少なくなり,安定したピッチ抽出ができるであろうという考えに基づいている.本方法はFFTやLPC分析などのように精度を要する計算は必要としないので,ある程度の計算精度さえ満たされれば,原理的にはアナログ処理でも可能なピッチ抽出法である.ケプストラム法やSIFT法などの既存の方法と比較し本方法の有効性を検討した.特に白色雑音で劣化した音声や女性音声のピッチ抽出におけるグロスピッチエラーを低くできることを示した.