周期的AR過程のスペクトル解析と格子形フィルタ

酒井 英昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J72-A    No.1    pp.128-133
発行日: 1989/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報理論,符号理論
キーワード: 


本文: PDF(443.6KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では周期定常過程のスペクトル解析と格子形フィルタ構造およびそのパラメータ推定の問題を取り扱う.一般に,周期dの周期定常過程はd個のスペクトル関数をもつことが知られているが,ここでは小倉らの結果に基づき,周期的自己回帰(AR)過程のパラメータを用いて,これらのスペクトル関数の表現式を求める.この結果,小倉らの方法に比べより少ないパラメータ数でスペクトル解析ができることがわかった.次に,この過程に対する格子形フィルタ構造について論議する.既に,周期的に変化するラチス係数をもつ格子形フィルタは知られているが,ここでは係数が時不変である格子形フィルタがどのようなものになるかを示す.最後に,ラチス係数の逐次最小二乗法による推定に関し,著者らの以前の多変数定常過程に対する結果がそのまま使えることについても述べる.