空間回路網法による流体内および固体内波動の統一的時間応答解析

佐藤 雅弘  吉田 則信  深井 一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J72-A   No.11   pp.1741-1747
発行日: 1989/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 超音波
キーワード: 


本文: PDF(680.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
流体と固体が接している場合に複雑かつ特徴ある波動伝搬特性が生じ,その工学的利用がさまざまな分野で計られている.本論文では波動の時間応答の数値解析法である空間回路網法において流体および固体内波動を統一的に扱う方法について述べている.空間回路網法は波動場を1次元線路を用いて等価回路網表示し,それにBergeron法および回路解析手法を適用して定式化された時間応答数値解析手法である.ここでは流体内において流れや粘性を無視しその中での波動伝搬のみに着目し,固体は損失のない等方弾性体を扱っている.流体内波動はスカラ形,固体内波動はベクトル形の波動方程式であるためその等価回路は互いに異なり,その結合部の取扱いが重要となる.本論文では流体および固体内波動を統一的に扱うため,流体内波動の等価回路に新たに等価粒子速度節点を加えた等価回路を提案し,基本的な問題に適用してその特徴と妥当性を明らかにしている.