データフローマシン用関数型高級言語Valid

長谷川 隆三  雨宮 真人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.8   pp.1532-1539
発行日: 1988/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 特集論文 (並列処理ハードウェアと言語特集)
専門分野: ソフトウェア
キーワード: 


本文: PDF(660.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,リスト処理指向のデータフローマシン用高級言語として開発したValidの設計思想とその言語構造の特徴を述べ,言語処理系の構成法を示す.Validは再帰概念を基本とし,色つきトークン方式のデータフローマシンのもつ能力を最大限に活用できるよう,実際的見地から設計した関数型言語である.先行・遅延評価機構を用いた高度な並列リスト処理の記述が可能であるほか,パターン照合,高階関数等を現状のデータフロー技術で可能な範囲でサポートしている.言語処理系の構成では,再帰関数で記述したプログラムからデータフローグラフへの変換方式を提案し,有限資源である色の再利用を考慮したコード生成法を示す.本論文では,最後に循環ストリーム処理の問題をとりあげ,Validの記述性を具体的に示すと共に,先行・遅延評価機構による効率的な処理法について論じる.