液晶レンジファインダ―液晶シャッタによる高速距離画像計測システム―

佐藤 宏介  井口 征士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.7   pp.1249-1257
発行日: 1988/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(990.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
構造化光(Structured Light)投影による距離画像(Range Image)計測は,対象物体のエッジの有無にかかわらず,あいまいさなく安定に対象全体のちゅう密な3次元データが高速に得られる利点がある.本論文では,液晶シャッタの投影系への適用により高速駆動可能な構造化光プロジェクタを実現し,これをグレーコードパターン投影空間符号化3次元計測法に応用することにより構築した高速な距離画像計測システム(液晶レンジファインダ)について述べる.この液晶レンジファインダに対して計測の安定化および高精度化の手法を開発した.安定化の面では,相補的な2枚の投影パターンを用いて物体表面のテクスチャや通常照明の影響を排除する投影パターン抽出法を開発した.高精度化の面では,グレーコードパターンの特徴を利用した液晶シャッタの半ピッチずらしによる倍精度パターン生成および,空間符号の内挿と画素濃淡値を用いた投影パターン境界の内挿とによるプロジェクタ座標の高精度同定を実現した.これらの手法の有効性を実際の計測に基づき確認した.