並列アクセスの可能な3次元画像メモリシステムの構成理論

田山 典男  孫 衛東  太田原 功  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.6   pp.984-993
発行日: 1988/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 計算機システム
キーワード: 


本文: PDF(848.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,3次元画像の並列処理装置に要求される並列アクセスの機能をもった3次元画像メモリシステムに関して,それを構成するために必要な構成理論を提出している.これまで,個々のメモリモジュール割当て関数式に対して並列アクセスが可能であるかどうかを調べるための条件が研究されていた.筆者らは,従来の関数式による表現では,メモリモジュールの割当てについて一般的な議論がよくできないという立場から,「メモリモジュール割当て置換」という新しい考え方を提出している.本論文では,この考え方に基づいて,7種類の並列アクセスを可能にする3次元画像メモリシステムを構成するためには,メモリモジュール割当て置換がどのような数学的特性をもつべきであるか,について問題を定式化してその設計条件を明らかにしている.つまり,X軸やY軸やZ軸に平行な3種類の線モード,各軸に垂直な3種類の面モード,更に立体モードについて,各々の並列アクセスを可能にするためにメモリモジュール割当て置換が満たすべき必要十分条件を導き出している.