小節単位処理に基づいたピアノ楽譜の自動認識

加藤 博一  井口 征士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.5   pp.894-901
発行日: 1988/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(753.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
楽譜上の個々の記号は形状の単純なものが多いが,印刷された楽譜では,交差・接触・入り込みなどが頻繁に起こっている.また個々の記号がもつ意味やそれら記号間の意味的な連結関係には,あいまいさが存在する.これらの問題点を解決するために,本論文では,小節という単位に注目することによって音楽的規則を有効に利用した認識手法を提案する.前処理において,五線および小節線の検出を行い,楽譜を小節という単位に分割する.認識処理は,この単位ごとに行われ,パターン認識処理と意味解析処理に大別することができる.パターン認識処理では,記号の構成要素となるプリミティブを独立に抽出し,それらを再合成することにより記号を認識する.意味解析処理では,パターン認識処理により得られた結果から,実際に演奏できる形態の解を生成する.音楽的規則を満足する解が得られるまで,これらの処理が繰返し行われる.小節ごとに得られた結果を連結することにより最終的なデータが生成される.最後に,複数の楽譜についての本手法の適用結果と今後の課題について述べる.