コーンビームX線CTのためのフィルタ補正逆投影法

松尾 啓志  堀場 勇夫  岩田 彰  鈴村 宣夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.4   pp.714-725
発行日: 1988/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 医用電子・情報
キーワード: 


本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
対向して置かれたコーンビームX線源と2次元検出器を,被検査体回りに360度回転させて計測された数学的には不完全な投影データから,フィルタ補正逆投影法により被検査体の3次元的な吸収係数の分布像を算出するアルゴリズムについて検討し,良好な再構成像を得るためのフィルタ関数(修正ρフィルタ)を導いた.修正ρフィルタは以下の二つの成分に分解することができる.(1)X線ビームの斜入射に起因して生ずるCT値の誤差を,ぼけ回復を回転方向と回転軸方向に独立に行うことにより補正する成分,(2)計測された不完全投影データの周波数空間での不完全性の性質に注目し,回転軸方向の周波数を制御し空間分解能を落とすことによりアーチファクトを大幅に低減することを目的とした場所依存形低減フィルタの成分.この修正ρフィルタの効果を計算機シミュレーションによって確かめ,本フィルタの有効性を確認した.