分散型問題解決における問題割当てのための一通信方式

北村 泰彦
小川 均
北橋 忠宏

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D    No.2    pp.439-447
発行日: 1988/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 


本文: PDF(770.4KB)>>
論文を購入



あらまし: 
分散型問題解決において適切なエージェント(問題解決器)に問題を割り当てるための通信方式を提案する.本方式ではメッセージのやりとりによる動的な問題割当て,知識の分割や問題の性質に応じた問題割当てと共に,優先度付き通信による大局的な問題解決制御を実現している.大局的な問題解決制御により,問題解決における組合せ的爆発と,それに伴って生じる通信量の増加を抑えることができる.このような問題割当てに必要なグループ通信,優先度付き通信を実現するために,人間社会のグループ通信に用いられている回覧板をメタフォとし,メッセージの巡回とそれに対する操作を可能とする回覧板プロトコルを用いた.依頼エージェントは問題を解決依頼メッセージによる各エージェントに巡回させ,受諾可能なエージェントはそのメッセージに受諾メッセージを連結することにより問題を割当ててゆく.また,回覧板はそれぞれに付加された優先度に応じて転送される.本方式の応用例として分散型探索を取り上げ,シミュレーションによる優先度付き通信の効果を示した.