ウォッチドッグタイマの有効性に関する統計的考察

不破 泰  中村 八束  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.11   pp.2414-2423
発行日: 1988/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: フォールトトレラント
キーワード: 


本文: PDF(800.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
CPUの暴走を検出するウォッチドッグタイマについて考察した.従来からさまざまな構成のウォッチドッグタイマが研究されているが,暴走の検出能力の限界についての考察はあまり行われていない.ここでは,統計的にウォッチドッグタイマを解析し(ウォッチドッグタイマを品質管理で用いられている抜取り検査の一種とみる),その暴走検出能力の限界について考察を行い,更により検出能力の高いウォッチドッグタイマを提案する.また,CPUが暴走した際の振舞いについて,実際のCPUを元にシミュレーションを行い,提案したウォッチドッグタイマの暴走検出能力が従来のものに比べ,約500倍程度優れていることを確かめた.