音声認識のための音声分析法―帯域制限メルケプストラムと多値ウォルシュメルケプストラム―

亘理 誠夫  千葉 成美  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.11   pp.2283-2290
発行日: 1988/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 音声処理
キーワード: 


本文: PDF(636KB)>>
論文を購入




あらまし: 
音声認識のための音声分析方法として帯域外信号の影響を受けない帯域制限メルケプストラムを提案し,不特定話者離散単語認識実験より性能を評価した.その結果,バンドパスフィルタよりケプストラムが優れ,周波数軸はリニアスケールよりメルスケールが優れていることが示され,メルケプストラムが最も優れていることが判明した.また,電話回線の特性差や音源特性の個人差を正規化する方法として,単語内平均スペクトラムの最小2乗近似直線を単語全区間に対して差し引くことが有効であることも判明した.更に,計算量を減らす目的で乗算を必要としない多値ウォルシュ変換を提案し,この変換を用いた分析法の性能を不特定話者離散単語認識実験により評価した.その結果,多値ウォルシュメルケプストラムはウォルシュメルケプストラムより優れており,特に16値ウォルシュメルケプストラムは,通常のメルケプストラムとほぼ同等の認識性能が得られることが判明した.