SC回路を用いた電流源の一構成法およびそのフィルタへの応用

兵庫 明  関根 慶太郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J71-C   No.6   pp.797-801
公開日: 1988/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 


本文: PDF(337.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来,周波数制御電流源は周波数制御電圧源と電圧制御電流源を用いて構成されるのが一般的であった.しかしこの場合,回路の増大,複雑化という問題が生じる.そこで,本論文ではスイッチトキャパシタ(SC)回路とMOSFETによる新しいSC電流源回路(SCCS)を提案している.本SCCSの出力電流は,SC回路のクロック周波数,電圧,容量値によって決定されるため,周波数制御電流源,電圧制御電流源,容量制御電流源としての使用が可能である.更に,SCCSの基本回路の使用範囲を拡大するため,多出力化したもの,電源の利用率を高めた回路についても提案している.また,応用例としてOTA(Operational Transconductance Amplifier)の制御電流源に本回路を用いたOTA-Cフィルタを構成し,このフィルタの特性が容量比,周波数,電圧比によって決定できることを示し,SCCSが連続時間系の周波数制御フィルタの構成に大変有効であることを示す.また,これらの回路は個別部品を用いた実験により良好な結果を得ている.