アナログ・ディジタル混載LSIに適したCMOSコンパレータ

束原 恒夫  石川 正幸  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J71-C   No.3   pp.391-398
公開日: 1988/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 集積エレクトロニクス
キーワード: 


本文: PDF(732.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
クロックフィードスルーと電源雑音がCMOSコンパレータ精度へ与える影響の解析法を示し,これをもとにクロックフィードスルーと電源雑音に対する耐性を高めた新コンパレータの特性について述べる.まず,インバータチョッパ形コンパレータを例に,クロックフィードスルーに基づくオフセット電圧と電源雑音耐性についての解析式を導いた.次に,インバータチョッパ形コンパレータの高速性を生かしつつ,差動構成と同相モード抑圧によりクロックフィードスルーと電源雑音に対する耐性を1けた以上高めたフリップフロップ形コンパレータを提案した.更に,1.5μmCMOSプロセスを用いて試作したフリップフロップ形コンパレータと8ビット,サブレンジング形A-D変換器を用いて,オフセット電圧と電源雑音耐性についての実験的評価を行った.この結果,主としてクロックフィードスルーのアンバランスから生ずるオフセット電圧は約1.5mVであること,電源雑音耐性は,フリップフロップ形コンパレータがインバータチョッパ形コンパレータの20倍程度高いことを明らかにした.