パルス変調レーザダイオードを用いた2次元ドップラー速度計

福岡 豊  岡田 英史  矢野 秀幸  南谷 晴之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J71-C   No.2   pp.306-312
公開日: 1988/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 電子計測・制御
キーワード: 


本文: PDF(559.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本研究では,二つのレーザダイオード(LD)のスイッチングを利用した,2次元レーザドップラー速度計(LDV)システムを提案する.この方法では,二つの1次元差動型LDVの2ビームを含む各2平面を同一光軸上で直交するように配置し,2個のLDを交互にオン・オフして流速の2方向成分を測定する.すなわち,一つの成分の測定終了と同時に,信号処理系からの制御信号により他のLDがスイッチング・オンされて,もう一方の成分の測定が行われる.これを繰り返すことにより2次元測定を行う.この方法の利点は,一組のホトマルチプライヤと信号処理系での2次元測定が可能なことである.ここで用いた信号処理系はカウンタタイプであり,2次元測定用に設計したものである.また,LDを用いることによりシステム全体の小形化・低コスト化が可能となる.また,このシステムを用いてチャネル内の水の定常流の測定を行い,その有効性を検討した.