航空機および衛星搭載合成開口レーダによる海洋波浪映像の推定

阪田 徹  岩杉 耕一郎  松尾 優  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J71-B   No.9   pp.1061-1067
発行日: 1988/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 電波応用
キーワード: 


本文: PDF(600.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
合成開口レーダ(SAR)は,その全天候性と高分解能から海洋のリモートセンシング等には非常に有効であるが,海洋波浪のように運動しているターゲットの場合,これが散乱波の位相の乱れとしてSAR映像に影響を与える.本論文では,海洋波浪の軌道運動に注目し,波浪をトロコイド運動する点の集合でモデル化して,SAR映像の計算を行った.従来は,モデルの簡略化のため衛星等の高速度のSARでかつ動きの少ない比較的長波長の波浪をスナップショット的に観測する場合に議論が限定されていた.本論文では,この条件にとらわれず,航空機等の低速度のSARや短波長の波浪をも含めたSAR映像の推定・検討が可能となった.その結果,低速度のSARでは波浪の位相速度が無視できずSAR映像の波長が伸縮すること,またSAR映像が海洋波浪およびSARのパラメータに大きく依存して変化することを示した.