パケット無線ネットワークのローカル/グローバル網構成

六浦 光一  岡田 博美  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J71-B   No.9   pp.1010-1019
発行日: 1988/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 信号方式,通信プロトコル
キーワード: 


本文: PDF(861.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
パケット無線網において,総スループットの向上を目的とした新しい網構成法を提案し,ローカル/グローバル網構成(LG構成)と名付けた.本網構成では,ローカル,グローバルと呼ぶ2種類のチャネルを準備し,全域を地理的に分割することにより,チャネル容量の空間的再利用(Spatial Reuse)を実現している.このLG構成の固定無線網を対象とした性能解析を,ローカル,グローバル両チャネルの遅延比γを導入することにより行い,数値結果に検討を加えた.解析条件は,重負荷において,プロトコルs-ALOHAとした.その結果,γおよび再利用回数Nの実現性のある値において,平均遅延dTに大きな影響を与えることなく,総スループットSTの相当な改善が得られることを確認した.更に,両チャネルへの容量の配分率αの設定に関して,最適化と関連する各種方式を導入し,解析および数値結果により検討を加えた.その結果,α設定方式の選択により,与えられた網条件に対し,より効果的なLG構成の最適化が可能となることを示した.