2重のリング構造から成るキャンパスネットワーク―S-netについて―

不破 泰  中村 八束  清水 英孝  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J71-B   No.12   pp.1672-1681
発行日: 1988/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 通信端末,通信装置
キーワード: 


本文: PDF(871.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
キャンパス内にある様々なコンピュータや通信機能を持つ計測装置と,研究室,教室内の端末とを結ぶキャンパスネットワークS-netを提案し,これを信州大学内において開発し,構築,運用したので報告を行う.このS-netには次の特長がある.各建物内端末を接続するリングと,このリングどうしを接続するリングの2重のリング構造を持つ.また,伝送媒体には,同軸ケーブル,光ファイバおよびマイクロ波通信を用いる.各地域のキャンパスごとにS-netを構築し,このS-netどうしをマイクロ波通信を用いて接続して,各ユーザが任意のキャンパスのS-netを利用できる機能を持つ.1台の端末から同時に複数のコンピュータを利用し,互いにデータ交換が行える等様々な計算機の利用形態をサポートする.パケットのアクセス方式に独自の方式を考案し,また,端末やネットワーク内機器のダウンによる影響が少ない.ターミナルサーバを開発し,端末や機器はEIAが定めたRS-232-Cインタフェースを用いてネットワークに接続できる.