相補サブサンプリング方式における画像復元

谷本 正幸  山田 昭雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J71-B   No.12   pp.1511-1516
発行日: 1988/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 情報源符号化
キーワード: 


本文: PDF(925.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
画像のサンプリング点を互いに相補的な2種類のサブサンプリング点に分解すれば,一方のサブサンプリング点から解像度の低い画像を再生し,両方のサブサンプリング点を用いて精細な画像を再生することができる.このような相補サブサンプリング方式では,従来は二つの再生画像のいずれか一方が折返しひずみを含んでいた.本論文では,プリフィルタリングにより高周波成分の失われたサブサンプリング値の復元について検討し,高周波成分を折返し成分として保存している他の相補的なサブサンプリング点の値を利用して復元する方法を導いた.また,本方法によって復元できるための条件を明らかにした.これを利用して,解像度の低い画像と精細な画像を同時にひずみなく再生できる新しい相補サブサンプリング方式を提案し,実験によりその効果を確認した.本方式は現行テレビとの両立性の高いHDTVシステムの実現等に有効である.