小口径オフセット双反射鏡アンテナの鏡面修整法

野本 真一  渡辺 文夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J71-B   No.11   pp.1338-1344
発行日: 1988/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 特集論文 (小形・薄形アンテナ特集)
専門分野: 衛星関連アンテナ
キーワード: 


本文: PDF(620.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
小口径オフセット双反射鏡アンテナの鏡面修整法について論じている.まず,一般的に適用されている幾何光学的修整法について検討し,反射鏡が小さい場合に生じる問題点を明らかにした.次に,小口径オフセットアンテナの設計に適した物理光学的鏡面修整法を提案し,その有効性を比較・検討した.具体的には,計算機シミュレーションによって,反射鏡の大きさと実現可能な高能率・低サイドローブ特性との関係を示した.これらの検討結果に基づき,Ku帯超小形地球局用に1.2m修整オフセットグレゴリアンアンテナを最適化設計した.試作アンテナは極めて低サイドローブ(25-25logθdBi以下)でかつ高能率(72%以上)な性能を達成しており,アンテナ設計法の妥当性を実証すると共に,超小形地球局アンテナとして実用化の見通しを示した.