整合板付き円板装荷折返しモノポールアンテナ

関根 秀一  石曽根 孝之  安達 三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J71-B   No.11   pp.1248-1251
発行日: 1988/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 特集論文 (小形・薄形アンテナ特集)
専門分野: 線状・板状アンテナ
キーワード: 


本文: PDF(337.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
自動車や航空機などの移動体通信に用いられるアンテナは,高速移動体の外部表面に設置されることから,小形でかつ低姿勢であることが要求される.この条件を満たす垂直偏波アンテナとして,円板装荷折返しモノポールアンテナがあるが,その形状に起因する動作帯域の狭帯域性が大きな欠点となっている.本論文では円板装荷折返しモノポールの広帯域化の方法として,整合板を装荷する方法を提案している.また,実験的な検討を通じて,円板半径および高さがそれぞれ12分の1および30分の1波長に対して,整合板を設けることにより,約8.5%の広帯域性が得られることを示している.