円板装荷折返しモノポールアンテナの理論解析

関根 秀一  宇野 亨  沢谷 邦男  安達 三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J71-B   No.11   pp.1244-1247
発行日: 1988/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 特集論文 (小形・薄形アンテナ特集)
専門分野: 線状・板状アンテナ
キーワード: 


本文: PDF(355.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
移動体通信に用いられるアンテナは,航空機などの高速移動体外部表面に設置されることから,小形でかつ低姿勢であることが要求される.筆者らは先に,この条件を満たす広帯域垂直偏波アンテナとして,整合板付円板装荷折返しモノポールを提案し,その有効性を実験的に示した.このアンテナは,板状部分と線状部分を併せもった複雑な構造をしているために有効な解析手法が報告されていない.本論文は,この種の複雑な構造をもったアンテナの解析手法を確立することを目的として行ったものである.ここでは,その前段階として円板装荷折返しモノポールの特性をモーメント法の一種であるダイアコプティク法によって解析した結果について述べている.また,従来の近似解法,および実験結果との比較を行い,本手法の有効性について検討している.