一様損失LCフィルタをシミュレートする能動RCフィルタの一構成法

石橋 幸男  中東 秀人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J71-A   No.8   pp.1552-1562
発行日: 1988/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: アナログ信号処理
キーワード: 


本文: PDF(699.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
はしご形LCフィルタをシミュレートする能動RCフィルタは継続形能動RCフィルタに比べ低素子感度であることが知られており,近年この種のフィルタの構成方法が数多く提案されている.本論文は,このシミュレーション形能動RCフィルタに関するもので,まずシミュレートする原LCフィルタとして従来のはしご形LCフィルタのLCの部分に損失を加えて構成したフィルタを提案している.そして,この回路の節点電圧と閉路電流の関係を能動RCフィルタで実現する方法について述べている.この構成方法では従来のリープフロッグ形構成の逆相積分回路部分は演算増幅器1個を用いた能動RC回路で,正相の積分回路部分は電圧ホロアとRCの1次ローパス回路でそれぞれ実現でき,本回路の演算増幅器の数は従来のリープフロッグ形構成の半分程度になることを示している.次に,素子感度解析を行い,素子感度の大きさについて述べている.最後に,5次のチェビシェフローパスフィルタを構成し,実験を行っている.また,計算機によって表子感度の計算を行い,本回路の素子感度は従来のリープフロッグ形構成で実現した回路のものより通過帯域全般にわたり10~20%程度低いことを示している.