極感度に注目したSallen-Key回路の一高周波補償

沖根 光夫  藤井 信生  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J71-A   No.6   pp.1249-1256
発行日: 1988/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: アナログ信号処理
キーワード: 


本文: PDF(536.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
能動RCフィルタの中で最も実用的な回路の一つとしてSallen-Key回路がある.Sallen-Key回路は周知のごとく有限利得の増幅器を用いて構成されるがこの有限利得の増幅器は安価,設計の容易さ等から演算増幅器が使用されてきた.ところが,使用する演算増幅器の有限利得帯域幅積(GB積)のために実現したフィルタの遮断周波数は10kHz以下に制限されていた.本論文では,このSallen-Key回路に受動素子1個付加するのみで有限GB積の影響を補償し,その高周波化を図るとともにGB積に対する伝送関数の極感度を小さくする設計法を提案している.本設計を適用するとGB積の変化による1次極の伝送特性への影響だけでなく2次極の影響も極めて小さくすることができた.最後に,試作例としてf0=100kHz,Q=1の帯域フィルタを構成し,実験によってその動作を確認している.