クロストークを考慮した新しいノイズキャンセラ

安森 稔久
飯国 洋二
酒井 英昭
得丸 英勝

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J71-A    No.3    pp.860-866
発行日: 1988/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 通信理論,信号理論基礎
キーワード: 


本文: PDF(508KB)>>
論文を購入



あらまし: 
従来適応型ノイズキャンセラに関する多くの研究がなされている.これは,所望の信号と雑音の和からなる主信号から,雑音のみと相関をもつ参照信号を使って雑音を取り除くものである.しかし実際には,参照信号に所望の信号成分,すなわちクロストークが含まれる場合が多く,従来の方法では良好な結果が得られない.そこで本論文では,クロストークが存在する場合でも効果的に雑音を除去する新しいノイズキャンセラを提案する.このノイズキャンセラは,高速処理が可能であり,また従来の方法より優れた安定性をもつ.次に,一意の収束を得るために,出力のパワーによってステップサイズを適応的に変化させるVariable Stepアルゴリズムを提案する.最後に,シミュレーションによって本論文で提案するアルゴリズムの有効性を確かめる.