3項分離分母形2次元ディジタルフィルタによる非円対称特性の近似

田口 亮  浜田 望  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J71-A   No.2   pp.306-313
発行日: 1988/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 特集論文 (信号処理特集)
専門分野: ディジタルフィルタ
キーワード: 


本文: PDF(654KB)>>
論文を購入




あらまし: 
2次元ディジタルフィルタ設計において,主に分母多項式の安定判別の複雑さと因数分解不可能な性質から,分母分離形伝達関数による設計法が数多く提案されている.そして,分母多項式のもつ性質から,特に円対称特性に代表される4象限対称特性近似において,その有効性が明らかになっている.本論文では,非円対称特性(非4象限対称特性)近似を前提に,分母分離形フィルタ設計のもつ利点を保存する意味から,3項分離分母形伝達関数による空間領域設計法を明らかにした.3項分離分母形は分母分離形同様,安定性のチェック,実装そしてパラメータ数に有利なモデルである.真の誤差を評価する空間領域設計法は非線形問題となるが,変動パラメータを分母係数のみとすることにより簡単化した.更に本論文では,変動パラメータの変数変換により,新たな変動パラメータとする安定性を保証した無制約最適化問題による設計法を確立した.