加重方向指数ヒストグラム法による手書き漢字・ひらがな認識

鶴岡 信治  栗田 昌徳  原田 智夫  木村 文隆  三宅 康二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J70-D   No.7   pp.1390-1397
発行日: 1987/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: パターン認識・学習
キーワード: 


本文: PDF(715.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,手書き漢字・ひらがな等の文字のオフライン認識に有効なボトムアップ式の特徴抽出方法とその特徴量に適した識別関数を開発し,その有効性を実験により検証する.本手法は輪郭線解析法をパターン類似度法との融合化の方向へ発展させ,高精度に読み取ることを目的としたものであり,その特徴は単純な特徴抽出アルゴリズムであり,ハードウェア化しやすいこと.相違度計算には従来のベイズ識別関数(2次識別関数)の問題点を解決した“類似ベイズ識別関数”を用いていること.ある意味ではもっとも認識が困難とされているひらがなの正読率が非常に高いこと,などである.本認識方式により文字画像を4×4の小領域に分割して,各小領域の方向指数のヒストグラム(64次元)を特徴ベクトルとして電総研作成の手書き教育漢字データベース(927字種;ETL8)の認識実験を行った結果,正読率99.5%(高品質文字),96.3%(低品質文字)が得られた.