磁気増幅器により制御される高周波スイッチングレギュレータについて

原田 耕介  鍋島 隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J70-C   No.2   pp.275-281
公開日: 1987/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 


本文: PDF(516.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
半波形磁気増幅器により制御されるスイッチングレギュレータの制御特性を,フォワード形コンバータについて,磁心の直流磁化特性およびダイオードの逆回復特性をモデル化することにより解析し,動作周波数と制御範囲の関係を定量的に解明した.その結果,磁気増幅器におけるデッドアングルは磁心の渦電流等価抵抗と透磁率の関数で表され,特に高周波動作では磁心の直流磁化特性における角形比だけでは議論できないことがわかった.また,この磁気増幅器をコンバータの時比率制御素子として用いた場合,整流用ダイオードの逆回復特性が磁気増幅器の制御特性に与える影響が大きく,数百kHz以上の周波数では磁気増幅器の最大導通角が大きく制限を受けることが明らかとなった.更に,磁心の直流磁化モデルより磁気増幅器の電力損失を磁心のパラメータとスイッチング周波数の関数として表し,磁気増幅器の鉄損を定量的に示した.