DC直結型モノリシック広帯域可変利得増幅回路

石原 昇  赤沢 幸雄  小中 信典  河原田 邦康  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J70-C   No.2   pp.263-274
公開日: 1987/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 


本文: PDF(958.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
Gb/s光中継器への適用を目的とした可変利得増幅回路ICの広帯域化手法について述べる.可変利得差動増幅回路は可変利得機能を実現するために構成が複雑になることから,基本差動増幅回路に比べ寄生容量成分が大きく,帯域が劣る.また,広帯域化のためのピーキング手法を適用した場合に高利得動作時にはピーキング量が最適であっても,低利得で動作させた場合にはピーキングが過剰となり不安定となる問題がある.本論文ではダイオードの微分抵抗のバイアス電流依存性を用いた新たな可変利得増幅回路を提案する.また,超高速Siバイポーラプロセス(SST)を用いてIC試作を行い,帯域1.6GHz,利得可変幅29dBというGb/s光中継器への適用条件を満足する従来にない広帯域特性を実現できることを示す.