超指数保留時間分布をもつ即時式回線群の設計

町原 文明  臼井 幸弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J70-B   No.6   pp.613-618
発行日: 1987/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 通信網
キーワード: 


本文: PDF(508.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
保留時間が超指数分布に従う即時系M/H2/S/Sからのあふれ呼が無限回線群に加わる場合の,無限回線群上の系内呼数の分散係数を導出している.まず,M/H2/S/Sのあふれ呼生起過程をセミマルコフ再生過程として特徴づけ,セミマルコフ核のラプラス・スティルチェス変換を導出する.これを用いて,あふれ呼の生起間隔の平均と変動係数を定量化し,保留時間の変動係数の増加に伴い,あふれ呼の生起間隔の変動係数も増加することを示す.次に,このあふれ呼が無限回線群に加わった場合の系内呼数の平均と分散を解析する.そして,保留時間の変動係数の増加に伴い,あふれ呼の生起間隔の変動が増加するにもかかわらず,あふれ呼の加わる無限回線群上の系内呼数の分散係数は減少することを示す.この結果より,従来の指数保留時間型等価ランダム法は回線数を多めに算出し,安全側の設計を与えていることがわかる.