描画像通信用端末装置の設計法と評価

佐藤 裕一  秋山 健二  大塚 作一  岸本 登美夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J70-B   No.1   pp.77-87
発行日: 1987/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 情報源符号化・通信端末
キーワード: 


本文: PDF(846.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,音声と手書き入力の文字や画像(描画像)を音声回線1CHを用いて双方向に実時間で送受できる描画像通信用端末装置に関するものである.まず,装置の構成,機能,描画像情報の符号化および表示処理方式,音声と描画像情報との多重化方式等装置の概要について述べる.更に,主観評価実験および,伝送実験により以下の諸点を明らかにした.同時通信時の通話品質は通常の電話の電話品質に比較してAENで2dB劣化する.一辺が表示面の横辺(横長の場合)の0.03倍以上の文字を書けば許容限(MOS3)以上の品質が得られる.既存電話網は描画像信号の伝送に対して十分小さい符号誤り率特性を有する.