演算増幅器数の低減を図ったリープフロッグ形能動RCフィルタ

石橋 幸男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J70-A   No.3   pp.436-444
発行日: 1987/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 回路理論
キーワード: 


本文: PDF(520.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
はしご形LCフィルタをシミュレートする能動RCフィルタは縦続形能動RCフィルタに比べ低素子感度であることが知られており,近年この種のフィルタの構成方法が数多く提案されている.本論文は,原LCフィルタの構成素子の各インピーダンスをsの関数でスケーリングして得られる回路の節点電圧と閉路電流の関係を能動RC回路で実現する方法について述べている.まず,スケーリング関数を適当に選ぶと,従来のリープフロッグ形構成の逆相積分回路部分はコンデンサを2個用いた逆相の2重積分回路,正相の積分回路部分はRCの1次ローパス回路でそれぞれ実現でき,本回路の演算増幅器の数は従来のリープフロッグ形構成の半分以下になることを示している.次に,素子感度解析を行い,低素子感度条件を求めている.最後に,5次のチェビシェフローパスフィルタを構成し,実験を行うと共に計算機によって素子感度の比較を行っている.