教育の場における話し合いによる回答分布の遷移過程

赤堀 侃司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J70-A   No.3   pp.378-387
発行日: 1987/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 基礎一般
キーワード: 


本文: PDF(629.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
教育の場において,生徒同士の「話し合い」を導入する授業展開がある.この話し合い授業における思考の変容過程を,マルコフ過程としてとらえモデル化する.これを話し合い過程と呼ぶ.このモデルによる話し合い過程は,非定常マルコフ過程として表現されるが,非定常マルコフ過程の研究はほとんど見受けられず,一般論としての数学的記述もほとんどない.そこで,この話し合い過程を位相空間の概念を用いて記述し,その性質について論ずる.その性質を用いて,生徒同士の話し合い過程を対象として,「平均何回程度思考のぶつかりあいがあり,どの程度思考の変化をしたのか」という外部から観察されにくい内的情報およびその変容過程を調べることができる.本研究は,その方法と結果について論じている.