認識結果を利用した母音標準パターンの教師なし話者適応化法

杉山 雅英
好田 正紀

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J69-D    No.8    pp.1197-1204
発行日: 1986/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: パターン認識・学習
キーワード: 


本文: PDF(654.1KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では音声認識結果に基づく母音標準パターンの教師なし話者適応化法を提案しその評価を行っている.適応化の手順は次のようである:初期母音標準パターンを用いて入力音声を認識する.その結果を用いて母音区間を切り出す.調音結合の知識を用いることによりその母音区間の適応化への使用の可否を決定する.初期母音標準パターンを修正する.男30名,女20名の発声した100都市名による単語音声認識実験によって手法の有効性を評価した.実験の結果から,10学習単語に対する認識率は94.3%であり,初期母音標準パターンを用いた認識率に比べて約1%向上することが得られた.