フェルマ数変換を用いた画像用高速フィルタリング装置

山根 延元  森川 良孝  浜田 博  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J69-D   No.2   pp.198-207
発行日: 1986/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 信号・情報処理
キーワード: 


本文: PDF(963KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,画像の等方的な高精度・高速フィルタリング処理を目的として,新しく開発した画像用高速フィルタリング装置について述べる.本装置は,(1)画像に対する正3角格子標本化法と正6角有限インパルス応答(FIR)フィルタの採用,(2)正6角区分化法を用いた,フェルマ数変換(FNT)によるフィルタリング実現法の採用,により等方的なフィルタリング処理の効率化を図っている.又,ハードウェア面では,(1)3入力加算器を用いたFNTバタフライの実現,(2)3階層メモリ構造による処理の多重化,により高速化を行っている.以上の特長により,本装置は,正3角格子で512×512画素(正方格子に換算して512×591画素)の画像に対し,相対する辺間の距離が15の正6角FIRフィルタ(正方格子-正方FIRフィルタのサイズに換算して17×17)によるフィルタリング処理を約0.5秒で実行する.本文では,本装置の各特長の有効性および構成と動作を述べ,最後に,等方的ぼけ像の修正処理結果を提示し,実用上十分な処理精度が得られていることを示す.