変形ベクトル場に基づく文字変形予測を用いたオンライン手書き文字認識

若原 徹  小高 和己  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J69-D   No.12   pp.1913-1922
発行日: 1986/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: パターン認識・学習
キーワード: 


本文: PDF(887KB)>>
論文を購入




あらまし: 
手書き変形の大きい文字を認識対象とする場合,固定した標準パタンを用いる単純なパタン整合法には限界のあることが従来より問題とされてきた.本論文では,入力パタンと標準パタンの間で変形ベクトル場を生成し,その変形ベクトル場に基づき標準パタンをあらかじめ変形しパタン整合を行う,文字変形予測を用いたオンライン手書き文字認識手法について報告する.本手法の構成としては,まず入力パタンと標準パタンの間で動的計画法により標準パタンの各特徴点から入力パタンの対応特徴点へ向かう変形ベクトル場を抽出し,次いで変形ベクトル場の担うべき局所的連続性,自己無撞着性,および時間的因果律なる各属性に基づく文字変形予測モデルによりそれぞれ予測変形ベクトルの算出を行い,最後に属性ごとに予測変形ベクトルを重畳して変形した標準パタンと入力パタンの間でパタン整合を行う.認識対象は常用漢字1,945字種とし,標準辞書には楷書体筆記による文字サンプルから作成した各字種の平均文字パタンを格納した.筆記条件「普段ノートに書く字体と速度で」のもとで成人10名から収集したくずし字データ300字種×10サンプルを未知データとして認識実験を行った結果,認識率97.1%および第5位累積分類率99.3%を達成した.