ヒルベルト変換を用いた左室壁運動の局所位相解析

岡田 稔  木村 文隆  鶴岡 信治  三宅 康二  馬岡 晋  関岡 清次  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J69-D   No.10   pp.1490-1499
発行日: 1986/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 医用電子・生体工学
キーワード: 


本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
時間的な周期性を持つ信号間の相互の因果関係を問題とする場合,それぞれの信号の瞬時位相を互いに比較することが有効である.本論文では,超音波連続断層像に基づき,心臓左室の局所壁運動を評価するのにこの考え方を応用した局所位相解析の手法を提案する.局所位相は心臓壁上の各点の運動信号からヒルベルト変換を用いて得られる瞬時位相と,ある基準位相との差として定義され,その局所位相は疑似カラーでCRT上に2次元表示される.本手法は,左室の「動き」の定量的解析と可視化に適しており,心筋壁異常や刺激伝導系異常の診断に有効であることを臨床例への適用結果を用いて示す.