放送衛星トランスポンダ用12-14GHz帯送受分合波器

野本 俊裕  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J69-C   No.4   pp.397-404
公開日: 1986/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波
キーワード: 


本文: PDF(675.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,WARC-BSにより日本に割り当てられたチャンネルを有効利用し,高品質な放送を行うための高出力・多チャンネル化を目指した放送衛星トランスポンダ用送受分合波器の開発結果について述べている.本送受分合波器は,(1)互いに隣接する4つのチャンネルを同時に送信可能とする12GHz帯のチャンネル合波器(1端終端型フィルタを用いた連続バンドマルチプレクサ),(2)TWTの出力雑音を除去し高い受信C/Nを確保するための,12GHz帯においては極めて低損失(0.05dB以下)で,かつ14GHz帯には大きな減衰を与える受信帯域阻止フィルタ,(3)受信信号の帯域制限をする14GHz帯の帯域通過(受信)フィルタ,によって構成され,これによって得られた電気的特性(各送信チャンネルの中心における挿入損失約0.7dB,送受間のアイソレーション80dB以上)は,その所要特性をほぼ満足することが明らかになった.