フレネルゾーンプレートによりサンプルしたホログラムからの2次元像再生法

鈴木 洋一  山下 栄吉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J69-C   No.10   pp.1341-1349
公開日: 1986/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 計測・応用工学
キーワード: 


本文: PDF(640.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
点物体のホログラムはフレネル・ゾーン・プレート(FZP)と呼ばれ,一般物体のホログラムはFZPの重ね合わせとして表現できる.FZPはその形によって再生像点の位置が定まるから,FZPを基にした像再生法が考えられる.本論文はFZPサンプル・ホログラム法とそれに対応する2次元像再生法を提案する.FZPサンプル・ホログラムとは,サンプル間隔を中央で疎,周辺で密にサンプルしたホログラムである.その1次元ホログラムに位相関数を乗じ,フーリエ変換を行い,方位と距離の2次元像分布を得る.点像分布関数の解析から,ミリ波周波数35GHz,ホログラム長25cmに対して方位角分解能6ミリラジアンを得たが,同時に像点から方位±11ミリラジアンに-4.8dBのサイド・ピークが存在することが分かった.簡単な物体を用いたミリ波ホログラフィ実験を行って,理論との良好な一致を確認した.