データの平均到着率を制御する音声/データ統合システムのトラヒック解析

林田 行雄  藤井 俊二  手塚 慶一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J69-B   No.9   pp.888-897
発行日: 1986/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 交換,通信処理
キーワード: 


本文: PDF(614.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
複数スロットから成るフレーム構成をとるチャネル上における音声/データ統合システムにおいては,音声呼のもつ隣接フレーム間における相関性がデータパケットの平均待ち行列長の性能劣化をもたらす.特に,音声呼が全スロットを占有しているときの性能劣化は著しい.本論文では,音声呼の占有スロット数に応じてデータパケットの平均到着率を制御する統合システムのトラヒック解析を行う.解析結果を用いた数値例は小規模システムのものであるが,軽負荷時の場合,データパケットの平均到着率を制御することにより小さな閉塞率で,音声呼が全スロットを占有しているときの性能改善ができることを示している.これを基に,更に,大規模システムに適用するための近似式を導出し,条件付き平均待ち行列長をある最大値以下に抑えるための平均到着率の算出式を明らかにしている.