DMEを応用した航法について

本山 澄夫  水町 守志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J69-B   No.12   pp.1840-1848
発行日: 1986/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 電波応用
キーワード: 


本文: PDF(635.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
距離測定装置(DME)によって得られた三つの距離情報を用いた航空機の位置決定方法について基礎的な検討を述べている.距離情報の収集方法について3地上局から同時に距離情報を得る同時アクセス方式と,機上装置の送受信周波数を切り換えて次々に地上局を選択していく順次走査方式を考えた.航空機の位置推定は最小二乗推定法を用い,推定精度の評価をPDOP,VDOP,HDOPで行い,推定精度は航空機と地上局との幾何学的位置関係によって決まることを明らかにした.より推定精度を高めるために気圧高度計からの高度情報を導入する方式を考え,この方式も推定精度は航空機と地上局との幾何学的位置関係によって決まることを明らかにした.同時アクセス方式と順次走査方式の差は走査時間間隔と推測航法成分の測定精度によって決まるが,局の配置による推定精度の変化を考察する場合同時アクセス方式で行えば良いことを示し,種々の地上局の配置について検討を行った.