データ中継衛星用マルチビームアレーアンテナ

手代木 扶  中條 渉  赤石 明  広瀬 晴三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J69-B    No.11    pp.1441-1452
発行日: 1986/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 特集論文 (衛星通信特集)
専門分野: 衛星用ハードウェア
キーワード: 


本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入



あらまし: 
宇宙の利用が広範囲になるにつれ,宇宙機と地球局の間でリアルタイムのデータ伝送を行う衛星間データ中継システムが必要となる,本論文は,我が国の実情にあった比較的少数ユーザシステムに適した衛星間データ中継多元接続システムの提案と,このシステムのために開発した19ビームマルチビームアレーアンテナについて述べている.まず,本提案のオンボードマルチビーム方式はNASAのTDRSSのAGIPA方式に比べてユーザ衛星が比較的少ない場合には,周波数と電力の有効利用,並びに地球局の簡易化・経済化がはかられる等の利点を持つことを示す.次にこのシステムに適したマルチビームアンテナ方式の検討を行い,比較的小開口で多数ビームを作る場合にマルチビームアレーが適していることおよびその構成法・設計法を述べる.更に個々の構成デバイスとして,新たに開発した広帯域マイクロストリップアレー,小形でビーム形成精度の良いビーム形成回路等の原理と性能について述べる.これらの各デバイスを基に19マルチビーム/1走査ビームの19素子アレーアンテナを開発し,衛星塔載用アンテナとしての技術的可能性を実証している.