衛星利用分散制御型プロトコルによるネットワーク実験

根元 義章  大場 俊光  長沢 庸二  佐藤 利三郎  柿沼 淑彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J69-B   No.11   pp.1370-1377
発行日: 1986/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 特集論文 (衛星通信特集)
専門分野: 利用技術関連
キーワード: 


本文: PDF(625KB)>>
論文を購入




あらまし: 
小型地球局により構成される衛星ネットワークは,経済的で構築が容易であり,今後益々利用されていくものと思われる.更に,全国の大学間コンピュータネットワークのように利用の機会均等性,トラヒック変動に対する柔軟性,経済性が重要視されるネットワークでは,衛星アクセス方式として分散制御による回線制御が適している.これらの観点で我々はCS応用実験,CS-2の「衛星利用パイロット計画」に参加し,アンテナ直径2m程度の小型地球局による分散制御型プロトコルによるネットワーク実験を実施し,ネットワークの基本特性を得ようとしている.本文はこの実験システムの概要と,これまでに得られた実験結果を述べている.本実験での衛星アクセス方式は,優先権付予約方式であり,また予約なし空きスロットも効果的に利用できる方式としている.各種実験の結果,本実験システムのようなネットワーク構成での運用が十分可能であることが確認された.また採用した分散制御型プロトコルは目的とした利用機会均等性の保持,トラヒック変動に対する優れた追従性を満足し,また優先権付加が有効に働くことが確認された.これらの結果は,小型地球局によるネットワークシステム構成にあたっての資料になるものと考える.