ミリ波帯パーソナル衛星通信システムにおけるアンテナビーム配置の一検討

島田 政明  吉本 繁壽  鈴木 良昭  飯田 尚志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J69-B   No.11   pp.1251-1257
発行日: 1986/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 特集論文 (衛星通信特集)
専門分野: 衛星通信システム
キーワード: 


本文: PDF(574.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
衛星を利用したミリ波帯パーソナル通信システムにおいては,小型のユーザ地球局を用い,全サービスエリアに対して要求回線稼働率を確保するため,宇宙部分にはマルチビームアンテナを搭載する衛星が必要となる.その上,本システムでは,多数のユーザが地理的に分布しているので,従来のアンテナビーム配置方法を適用すると,下り回線において大きな衛星送信電力を必要とするビームが生じ,衛星送信電力が限られているミリ波帯においては,実現性に問題がある.このため,本論文では,各ビームにおいて実現可能な衛星送信電力とするため,衛星送信電力を拘束条件とし,降雨減衰,ユーザ数の地域性に着目して,サービスエリアの区分を調整し,個々のサービスエリアにビームを割り当てることにより最適なビーム配置を求める方法を提案する.更に,全国の降雨減衰データおよびユーザ数の分布を用いたビーム配置の計算機シミュレーション例を示した上,従来の方法と比較したときの本方法の効果を述べる.最後に,具体的な搭載機器の構成を示す.