任意の方向を向いた2枚の平行導体ストリップによる平面電磁波の散乱

西本 昌彦  青木 和男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J69-B   No.10   pp.1131-1139
発行日: 1986/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 


本文: PDF(588.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
任意の方向を向いた2枚の平行導体ストリップによる電磁波の二次元散乱問題を解析している.解析はモード展開とガラーキン法を用いて行い,端点条件を満足するようなモード展開を行うことにより精度の良い解を得ている.ストリップの配置を変えて遠方散乱界,後方散乱断面積,近傍界の計算を行い,多重散乱の影響について調べている.その結果,ストリップによる多重散乱現象はストリップの向きによって大きく変化すること,ストリップが向かい合っているときは共振現象が起こり,共振点付近では散乱断面積が急激に変化すること等が明らかとなった.