有限語長によるFIRフィルタの特性劣化と零点配置の関係について

本間 仁志  森 幸男  佐川 雅彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J69-A   No.11   pp.1376-1384
発行日: 1986/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 回路理論
キーワード: 


本文: PDF(628.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
有限の係数語長を用いることによる特性劣化の問題は,経済性と関連して重要な問題にある.この特性劣化の性質は,根配置と密接な関係にあるが,従来の研究では,近接根の影響のみを問題にしてきた.従って,その考察には限界があり,IIRフィルタと異なり,多くの離れた零点を持つFIRフィルタの特性劣化の性質は,理論的に説明することができなかった.そこで,本論文では,特性劣化を根感度で評価し,近接根が特性劣化を強調するのに対し,離れた根は劣化を軽減する働きがあることを指摘する.また,根感度は,近い根と離れた根のバランスで決まり,バランスの取れた根配置の一つに単位円周上の等分点があることを述べる.そして,構成法に大きく依存する特性劣化の性質が,このバランスの崩れとして説明できることを示す.最後に,縦続形構成法でも,従来のような2次回路もしくは2次回路と4次回路を用いる構成法より,より低感度の構成法があることを述べ,本理論の有効性を確認する.