音声の規則合成のためのメルケプストラムCV音節データファイルの自動作成

古市 千枝子  今井 聖  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J68-D   No.9   pp.1664-1672
発行日: 1985/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 信号・情報処理
キーワード: 


本文: PDF(808.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来手作業で作成されていた音声の規則合成のためのCV音節データファイルの自動作成法を提案する.この方法は,音声素材の子音母音(CV)遷移点を自動的に決定し,CV遷移点を基準として各音節に対し予め定めた子音長と拍同期点の位置,および母音部の正規化最大レベル値を用いて,ファイルに蓄えるCV音節のパラメータを得るものである.CV遷移点決定のパラメータとしては音声素材の分析パラメータのみを用いており,CV遷移点の自動決定にはしきい値の使用を避け分析パラメータの変化に着目しているので,しきい値の設定値による性能の変化がなく,声質の異なる音声素材に対してもほぼ確実にデータファイルが作成できる.また,規則合成に利用する分析合成系においてフレーム周期圧縮を行うことによって,CV音節の子音始端部の切断を避けた形で,高品質音声合成のためのデータファイルを自動作成することができる.日本語100音節の明瞭度試験の結果,単音節の明瞭度は94.3%,2音節無意味単語の明瞭度は92.4%となり,自動作成したデータファイルから明瞭度の高い合成音声が得られた.