大語彙を対象とした文節音声の認識

小林 哲則  小森 康弘  白井 克彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J68-D   No.6   pp.1304-1311
発行日: 1985/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 信号・情報処理
キーワード: 


本文: PDF(644.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
大語彙を扱う能力をもつ文節認識アルゴリズムをタスクに依存しない形で構成できれば,これは音声によるテキスト入力装置等を実現する上での有用なサブ・システムとなることが期待できる.本研究では,音素認識部を前処理部に持つシステムを想定し,このようなアルゴリズムを実現する際問題となる語彙の予備選択の問題と付属語処理の問題について検討した.予備選択の問題に関しては,混同の多い音素群をグループ化し,この音素グループの並びによって単語の予備選択を行う方法について検討した.この結果,音素を5種類程度に分類したうえで1個所の音素グループ誤りを考慮すれば,ごく僅かな誤り率で候補単語を約1/4以内に制限できることが明らかになった.付属語処理に関しては,変形したオートマトン制御の2段DPにより実現した.ここで,オートマトンは,一部,品詞レベルで記述された単語間接続表で代用される.このことにより,アルゴリズムを完全にタスクに対し独立にすることができた.また,シミュレーション実験の結果,この方式を用いるとき,母音90%,子音75%程度の音素認識率が得られれば,80%程度の文節認識率が得られることが示された.