マルチプロセッサによる汎用画像処理装置

三ツ矢 英司  末永 康仁  奥平 雅士  安田 浩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J68-D   No.4   pp.869-876
発行日: 1985/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 特集論文 (画像処理特集)
専門分野: 画像プロセッサとシステム
キーワード: 


本文: PDF(750.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
汎用コンピュータ上で開発された画像処理プログラムをそのまま移植して高速で走行させることができる汎用画像処理装置を開発したので報告する.本装置の大きな特徴は,従来の各種高速画像処理装置とは異なり,汎用コンピュータ上で開発された任意の画像処理プログラム(逐次処理型のあらゆるプログラム)を高速に実行できる点である.本装置は,2次元アドレスによるメモリアクセス命令,ビット単位でのメモリアクセス命令,8近傍画素の一括アクセス命令等の画像処理用基本命令を備えたビットスライスマイクロプロセッサを複数台使用するとともに,大容量のルックアップテーブル,三重の独立したバス,データ処理機能を有するデータ転送モジュール等の採用により,大規模画像の高速処理を実現している.4台のプロセッサを内蔵した装置を試作し,32ビット汎用ミニコンVAX-11/780の上で開発された画像処理プログラムを移植して走行させる実験を行った結果,本装置は,VAX-11/780の約20倍から100倍の処理能力を有することを確認した.これにより,例えば,従来汎用コンピュータで数十分ないし数時間を要していた大型図面(A1判:6800×4800画素)に対する処理が,数十秒から数分で実現できるようになった.