人間の字種識別基準を用いた自由手書き片仮名文字認識

鶴岡 信治  村瀬 晶彦  木村 文隆  横井 茂樹  三宅 康二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J68-D   No.4   pp.781-788
発行日: 1985/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 特集論文 (画像処理特集)
専門分野: 文字認識,図面読取り
キーワード: 


本文: PDF(668.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来の文字認識方式では,標準字体からの変形がわずかで,人間なら困難なく読める文字でも,正読とならない場合が散見される.その理由の1つとして筆者らは,手書き文字における“言行不一致”,すなわち実際に筆記される文字の集合が識別可能な文字の概念的分布(字種識別範囲)を正しく反映していないという仮説を立て,より人間に近い性能を示す認識方式を構成するために,この字種識別範囲の計測を試みた.本論文では,字種識別範囲の計測方法とその計測結果を示し,これを取り入れた識別関数(心理的距離)を提案する.本方法を用いて自由手書き片仮名文字(ETL-1)の認識実験を行った結果,統計的手法のみを用いる場合に比べ誤読率が半分以下となり,未学習文字4600文字に対する正読率が従来の最高値を上回る97.2%となった.又,誤読・棄却された文字も人間が識別しにくい文字に限られることが判明した.